資格

【おすすめ3選】宅建落ちた?独学にこだわって時間を無駄にしてしまった人へ

 宅建試験は毎年20万人以上が受験して、合格率は16〜8%に調整されている狭き門。難易度よりも毎年の合格ラインの上下に翻弄される、他とは一味違う難関試験。そんな狭き門を突破するために独学で頑張っている人も多いのですが、1年に一度の試験なので一度不合格になるたびに1年後の試験に向けて勉強しなければなりません。
 何度も不合格になり時間を費やすのであれば、専門の学習指導を受けて合格を目指す方が時間の無駄がありません。

 今年こそはと思っているあなたに。

この記事でわかること

・宅建試験合格の道のり
・宅建講座おすすめスクール

宅地建物取引士についておさらい

 宅地建物取引士、通称「宅建士」は不動産取引の際に行われる重要事項の説明など専権事項を行うための資格。取得できれば不動産、金融、保険会社などへの就職や転職の際に有利となります。

【結局どうなの?】宅建士の副業と問題点を解説宅建士証を持っている人ができる副業を調べてみたら、思わぬ落とし穴があった。宅建士取得でサイドFIREできるのか。...

宅建試験合格に必要な学習時間

 すでに毎年10月(新型コロナ対策のため12月も試験実施中)の宅地建物取引士試験に向けて学習を始めている方もいるでしょう。宅建士試験の合格までの必要な時間はおよそ250時間から300時間と言われています。
 宅建士は学習する範囲が広く、法律・法令に関わる知識や建築・土木に関わる知識に至る法務、実務の両面の知識を必要とされるため、全ての法規制や教科書の内容を読むだけでかなりの時間を使います。
 300時間を目標として毎日1時間の学習をほぼ1年間。通勤時間などを活用して、実際に必要な時間は400時間〜500時間となるでしょう。効率よく学習しなければ1年では追いつきません。

おすすめのスクール3選

東京リーガルマインド

 各種資格試験の解答速報でも利用している人が多く、取り扱い資格も豊富です。LECという名称の方が有名かも。
 資格受験指導37年の実績とノウハウで宅建のみならず、 司法試験、司法書士、弁理士をはじめとする各種国家資格および検定受験の対策講座を行っています。
 早期割引もあるので、早めの申し込みがおすすめ

\早期割引、奨学生制度あり/

資格スクエア

 資格スクエアは、「IT×脳科学」をフル活用したオンライン資格講座。 スマホ・PC・タブレットがあれば隙間時間でいつでもどこでも何度でも勉強できます。資格スクエアは「IT企業」なので、勉強へのアプローチが従来型の資格講座と全く違います。わずか4年で無料会員数40,000人突破!まずは無料会員登録から

 

\隙間時間も有効利用/

オンスクは独学よりでも低価格でオススメ

 オンスクは月額1,078円(税込)で宅建のみではなく、さまざまな資格学習コンテンツを利用できるスクール。TACのノウハウを活かしているので、実績も十分です。
・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能
・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー
・過去問を徹底分析した問題演習機能

 合格講座というより、独学の補助にするのに役立つサービスですが2回目以降の受験であれば復習など補完的に使えるはずです。

\月額1,078円(税込)/

一発合格を目指すべき

 私は本業ではなかったのもあり、自己投資できずに独学で過去問とアプリ、市販の学習書を利用しました。
 しかし、1年目は2点足らずに見事不合格。不合格が分かったときは1年間の学習時間を無駄にした気分でした。資格学習は自己投資。時間を無駄に過ごさないためにも、学習サービスやスクールを利用して確実に一発合格を目指しましょう。
 宅建士は試験合格してから資格者証取得までの道のりも長くかかります。一発合格しても受験から取得まで1年半の道のりです。

【登録実務講習から交付まで5ヶ月】宅建試験合格から宅建士証交付までの手順 宅建士試験合格おめでとうございます  本業は不動産取引業ではないのに宅地建物取引士証を持っています。宅建試験は2回目のチャレンジ...

 登録実務者講習の時に同じグループになった女性は一度不合格になったのが悔しくて、2度と落ちたくないからスクールに通ったそう。彼女も最初からスクールに行っていれば1年間無駄な勉強に時間を使わなくても良かったわけです。
 大富豪も貧乏人も時間の進み方は同じ。効率よく時間を使えるように自己投資にはしっかりお金をかけましょう。

\あ、フォーサイトもおすすめです/
\全額返金保証制度もあり/