旅行

CAも勧める旅行に必携のデンタルウォッシュ

飛行機での移動中、機内食などの後で歯磨きをしたいけど飛行機のトイレで歯磨きはちょっと気が引ける。そんな時にオススメするマウスウォッシュを紹介します。

この記事でわかること
  • 歯磨き粉やマウスウォッシュの機内持ち込み
  • 機内でデンタルケア、口臭ケアする方法
  • CAおすすめのマウスウォッシュとは

機内での歯磨きは難しい

機内での楽しみといえば機内食ですが、機内食のあとに歯磨きをしたくても飛行機は洗面所がありません。トイレで歯磨きしようにも、長時間トイレを占有するわけにもいかないし、あの狭いトイレでしっかりと歯磨きとうがいをするのは、気持ち的にもなんだかイマイチですね。

そもそも機内持ち込みできるのか

歯磨き粉やマウスウォッシュの機内持ち込みって、そもそもできるのでしょうか。旅行先ってホテルの歯磨きセットやマウスウォッシュの風味が合わないとイヤなので、いつもの歯磨き粉やマウスウォッシュを持っていきたくなりますよね。
国土交通省の基準によれば、国際的な航空法上ではマウスケア用品・洗口液は危険物(化粧品類)の取扱いとなり、1容器あたり、500mℓもしくは500g以下(一人あたり2ℓもしくは2kg以下)までの持ち込みが可能とされています。航空会社により、これよりも厳しい基準となっている場合がありますので、実際に持ち込む場合は念のために各航空会社にお問い合わせください。
国際線では基準が厳しく、ほとんどの場合に1容器あたり100mℓもしくは100g以下となっています。また、容器は漏れや破損のないようなものを使用することを求められます。基本的に機内持ち込みでも預入荷物でも同じ基準です。

ドラッグストアによくあるサイズのマウスウォッシュは900mℓ〜1500mℓなので、そのままの持ち込みはできません。

機内持ち込みにオススメは個包装タイプ

携帯用サイズのボトルならば持ち込み可能ですが、ボトルの形状はどうしても場所を取ります。機内持ち込み荷物はできるだけ減らしたいので、個包装タイプがオススメです。
例えば、デンターキンデルのように1回分(約15mℓ)がパックになっているものは必要な回数分をカバンやポーチに入れておけるので、機内持ち込みもしやすいです。

このデンターキンデルは公式サイトでCAさんもオススメしており、機内のような環境でもさっと取り出して15秒のうがいで口臭ケアまで含めてデンタルケアしてくれるので、機内持ち込みにめっちゃオススメです。

機内だけではなく旅行先やオフィスでも

機内や旅行先など限定された状況で、携帯性が高く、医薬部外品で殺菌力も高いマウスウォッシュなので、デンターキンデルはいつでもカバンに入れておきたいのですが、オフィスや営業先でも活躍します。

午後からの営業回りで出先での食事の後にさっと15秒間のうがいで口臭ケアとデンタルケアができてしまうので、時間も節約できて訪問先でも口臭を気にせずにしっかりとしゃべることができて好印象を呼ぶこと間違いなしです。実際に2020年働く女性が選ぶ口臭ケア用品ナンバー1に選ばれており、実績も文句なしです。

その効果や実績はぜひ公式サイトでご確認ください。いまなら30秒で入力できるあアンケートに答えるだけで980円で30回分のお試しセットがもらえます。

\初回限定980円で30回分/