生活

【丸亀製麺無料も】子育て支援事業について調べてみた

休日に子連れでお出かけすると、何かとお金もかかる。イオンのフードコートなんかで食べても高いし。スマホでクーポンとか探すだけでも大変

スマホのクーポンを探さなくても子育て支援の画面を見せるだけ

 こんにちは、うみそらです。小学生以下のお子さんを連れて遊びに行くとフードコートなんかでスマホを操作してクーポンを探しているヒマもないですよね。

 そんな子育て世代だけが使える子育て応援事業があります。全国共通の事業として「子育て支援パスポート」制度があり、参加している都道府県毎に参加企業が子育て世代への支援として様々な特典を提供しています。

 例えば、丸亀製麺の子供用の半玉うどんが無料で提供されたり、コンビニでミルク用のお湯を提供してくれたりします。今回は近畿地方の各府県について調べてみました。ぜひ活用してください。居住地によって名称やサービス内容が違うので、それぞれのサイトで詳細を確認してみてください。

 各府県のサイトはこちらの通りです。QRコードを読んだり、空メールから登録すれば子育て支援パスポートの画像を表示できます。サービスを受けるときはこの画像を見せるだけです。

 ・大阪府・・・関西子育て世帯応援事業「まいど子でもカード

 ・京都府・・・きょうと子育て応援パスポート

 ・奈良県・・・なら子育て応援団

 ・和歌山県・・・和歌山子育て支援パスポート

 ・兵庫県・・・ひょうご子育てパスポート

 ・三重県・・・三重子育て応援クーポン

 ・滋賀県・・・淡海子育て応援団

実は全国で利用可能なサービス

 この子育て支援事業は、実は全国でバラバラに行なっていましたが、2016年10月から共通のサービスとして再展開され、どこの都道府県のパスポートでも他都道府県のサービスが受けられる仕組みに変更となりました。

 つまり、帰省や旅行の時でも丸亀製麺は子供無料で提供してもらえる(店舗によっては5%OFFもしくは大盛変更無料)し、コンビニでミルク用のお湯を提供してもらえます。内閣府の全都道府県のサイトへのリンクはこちら

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/passport.html

 都道府県によって「子育て」に含まれる年齢が違い、18歳未満までサービス対象だったり、小学生までが対象だったりしますのでご注意ください。

 この子育て支援パスポート事業はとても良い事業なのに、全然情報が展開されておらず、対象の店舗でも入り口に小さくステッカーが貼ってあるだけ、店舗によってはサービス内容を把握していない場合もあります。

 子育て中のママさん、パパさんは必ず登録してサービスをいつでも受けられるようにしておきましょう。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
うみそら@FP宅建士
新しいモノがあると まずは登録して試してしまう ファイナンシャルプランナーで宅建士