クレジットカード

イオンカードで海外キャッシングと繰上げ返済する方法

海外旅行に行くときは外貨両替よりもクレジットカードを使って現地のATMで現地通貨をキャッシングした方がお得ってホント?だってキャッシングって金利高いでしょ?

いきなり結論。現地ATMでキャッシングが一番お得

 こんにちは、うみそらです。

 ほとんどの場合、事前に銀行や国内空港で両替するよりも現地空港の両替コーナーで両替する方が有利なレートで外貨を手にできます。大手クレジットカードの海外ATM利用手数料は10,000円以上の場合は200円前後、為替レートはメジャー通貨ならほぼ手数料無しのレートで交換できます。キャッシングの金利は年利18%と高金利ですが、10,000円をキャッシングして、15日間で返済した場合の金利は約75円。ATM手数料を入れても300円に届きません。

 大手の両替コーナーであれば手数料500円でレートも不利であることが多いので、2週間以内に返済できれば、金利が高くてもキャッシングの方がお得なのです。

実際にキャッシングしてみた

 先日、マニラに行った際に利用してみました。利用したクレジットカードはイオンカードセレクト(MasterCardブランド)海外ATMを利用する場合にはレートが良いマスターカード(MasterCard)がオススメです。イオンカードであれば年会費無料、セレクトのミニオンデザインであればイオンシネマがいつでも割引になるので、一枚持っておくのも良いでしょう。

 海外ATMの利用方法については詳しいサイトがたくさんありますが、これだけ覚えておけば大丈夫。

Withdraw 引き出し

PIN 暗証番号、6桁表示でも4桁入力してENTERを押せばOK

ACCOUNT 「CREDIT」を選択しましょう

 金額を入力する場合は当然現地の通貨表示なのでご注意を。緊張してカードや明細の取り忘れも多く発生しているようです。落ち着いて、周囲に注意しながら引き出せば大丈夫です。

 ATMや金融機関によって日本のクレジットカードに対応していない場合もあるので、使えなかったら違うATMに行ってみましょう。私もニノイ・アキノ国際空港で最初に使ったATMで引き出せず、違う銀行のATMで引き出しました。

 実際に引き出した金額は5000PHP(フィリピンペソ)、引き出した日の為替レートは

1PHP=2.01円

 後日、請求された金額は金利(9日分)、手数料込みで10,385円だったのでレートは

1PHP=2.074円

 大手両替ショップや国内空港の両替コーナーが2.10円なので、キャッシングの方が有利ですね。キャッシングの方が実質両替レートが良いので海外で必要以上の現金を持ち歩くこともなく、必要時にホテルやショッピングモールのATMでキャッシングすれば良いので安心です。

イオンカードの繰上げ返済はATMではできません

 他のクレジットカードではATM利用の返済が可能ですが、イオンカードの場合は指定のイオン銀行口座への振込のみとなります。「一括」返済であれば、次回の引き落とし時に可能ですが、これでは金利が1ヶ月以上に渡って上乗せされるために大きな損失となります。

 まずは、イオンカードコールセンターに電話しましょう。0570から始まるナビダイヤルもありますが、一般電話番号にかけることを強くオススメします。混雑している場合はかなり待たされますので、通話料1分30円のナビダイヤルにかけると節約した意味がありません。一般電話番号であれば、カケホーダイや10分通話無料などの対象となります。

043−296ー6200

イオンカードコールセンター 年中無休9:00〜18:00

 海外キャッシングは早期返済が最重要課題なので、必ずイオン銀行への振込を指定してください。イオン銀行の口座間の振込であれば振込手数料無料です。

 コールセンターで振込用のイオン銀行口座番号と振込金額を確認したら、指定した日に必ず振込を行なってください。イオンカードアプリ、通帳アプリをお使いの場合はアプリから振込も可能です。

まだ間に合う、イオンカード20%キャッシュバックキャンペーン

 2019年8月現在、7月1日〜9月30日の入会者に指定日利用で20%をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。イオンカードはd払いなどに登録可能なので、d払いが同時に20%ポイントバックを行なっていれば、なんと実質40%相当の割引となります。

 キャンペーンの利用指定日は9月24日〜9月30日が最後になります。発行には2〜3週間かかりますので、今すぐに申し込みください。こちらのキャンペーンは現在イオンカードを持っていても、新規発行が可能な場合は新規発行したイオンカードがキャッシュバックの対象となります。例えば、通常のイオンカードをお持ちでも別ブラントのイオンカードセレクトなどが発行可能であれば、そちらのカードがキャッシュバックの対象となります。

 キャンペーンや詳細は変更になることがありますので、イオン各店舗のカード発行窓口などで必ず確認ください。税金や金券の購入は対象外となります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
うみそら@FP宅建士
新しいモノがあると まずは登録して試してしまう ファイナンシャルプランナーで宅建士