生活

【これで大丈夫】退職代行サービスは〇〇すると違法行為?

サラリーマンは雇用だけでなく社会的に有利だけど

 サラリーマンはあなたが思う以上に会社という組織に守られています。それでも、ブラック企業に精神的に追い詰められてまで雇用されている必要はありません。

 そこでお願いしたいのが退職代行サービス。「利用すれば翌日から出社不要になる」とまで言い切っているサービスもありますが、利用状況によっては法的にグレーな部分があるのでご注意を。

退職代行は違法行為に?

 会社との交渉を代行した場合は「弁護士以外の代行」は非弁行為となり、違法となる可能性があります。弁護士が在籍していない退職代行サービスの場合は「会社に退職を切り出す連絡」のみを代行しているとして、ギリギリグレーゾーンな部分です。

 司法書士や社労士が退職代行サービスに手を出していないのは、この非弁行為に抵触する恐れが高いからだと言われています。

退職代行を申し込みしたら翌日から出社不要?

 退職代行を利用すれば即出社不要になるかと言えば、そうではありません。一般的な企業であれば退職の1ヶ月前までに申し出を行うこととなっているでしょう。実際には自分の業務を後任に引き継ぎする期間を持たずに退職すると、企業に損害を与えたとして損害賠償請求を起こされる可能性もあります。

 もちろん、ブラック企業でパワハラ的に「そんなもん辞めます言うて、辞めさせられるか!」と言うことであれば話は別です。ただ、交渉や弁護が必要になることも考慮すれば、弁護士事務所の退職代行サービスを選択しておくことがベターです。

あなた一人が突然辞めても実際に倒産する会社はほとんどない

 今辞められたら、プロジェクトが頓挫してしまい。会社が潰れる」などと言う会社はあなたがいてもいなくてもいずれは倒産します。退職を考えてしまう待遇で責任が重すぎる会社は既に人事面で破綻しています。

 私も過去にプロジェクトの重要なポジションにいる人間が突然退職したり、業務内容が正確に合わず出社拒否で辞めた人を何度も目にしましたが、それで次々に社員が抜けて会社が成り立たなかった以外は、一人や二人辞めてもほとんどの会社は潰れません。

お守りがわりに退職代行があると思うと気も楽になる

 今は、退職代行サービスを使えば気が弱い自分でも辞めることができる。そう思うことで、退職抑止効果が働きます。また、退職したくても家族や友人に相談しても反対されるところを代行サービスに相談できるのて、「良い退職」を行えるでしょう。

 日本は終身雇用が完全に崩壊してきました。転職をすることで、キャリアアップする機会も増えてきています。転職エージェントを利用すれば、自分の今の待遇が適正かどうか客観的に判断することもできます。

【転職で収入アップ】転職サイトに登録して自分の現在の価値を知ろう あなたの市場価値はあなたが思うより高い  あなたの市場価値を簡単に調べる方法があります。すぐに転職する気がなくても転職サイトに登...

 退職代行サービスと共に転職エージェントに登録することも検討しましょう。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
うみそら@FP宅建士
新しいモノがあると まずは登録して試してしまう ファイナンシャルプランナーで宅建士