投資

【写真閲覧注意】インプラント試してきました。途中経過です。

入れ歯ではなくインプラントを勧められたんだけど、痛そうだし、高額なんでしょ?生命保険も健康保険も対象外みたいだし。ブリッジとか入れ歯じゃダメなの?

 こんにちは、うみそらです。

 先日、長年付き合った乳歯とお別れしました。上の犬歯で永久歯が無くてずっと乳歯で頑張っていたのですが、硬いもの噛んだら歯茎の中で折れました。永久歯が無いのでブリッジ、差し歯、部分入れ歯、インプラントの選択肢しかありません。私はインプラントを選択しました。せっかくなのでインプラントについて術後の感想などの情報シェアします。

それぞれのメリット、デメリットを簡単に見てみましょう。

ブリッジ、部分入れ歯

 両隣の歯を削って、ブリッジ(橋)をかけて義歯をかぶせるのがブリッジ。金属のばねを両側につけて支える部分的な入れ歯が部分入れ歯です。メリットはどちらも健康保険が使えるため、費用が抑えられること。保険適用で自己負担は2万円程度になります。

 デメリットは健康な歯を削ってしまうこと。歯は表面を削ると歯周病のリスクが上昇し、歯そのものも弱くなります。またブリッジは周辺の歯とバランスを取りながら作っていくので時間はそれなりにかかり、部分入れ歯は場所によって金属のばねが目立つことがあります。

 また、ブリッジ、部分入れ歯とも周辺の歯に力をかける仕組みのため、噛む力が強くかかる部分には使用できません。

インプラント

 インプラントはチタン合金などでできた歯の土台(インプラント体)を顎の骨に埋込み、インプラント体に義歯を接着もしくはネジ止めする方法です。

 メリットは残っている他の歯にほとんど負荷がかからない事。また見た目もほとんど天然歯と変わらない状態に近づけられます。インプラント体は顎の骨と一体になるので噛む力もほとんど天然歯と変わりません。

 デメリットとしては保険が適用できず、自費診療となってしまい治療費が高額になります。医療保険の手術としても適用されない場合がほとんどなのでおよそ20万円〜50万円程度の費用が自己負担となります。ただし、医療費控除の適用対象となるので年間10万円を超えた部分に対しては所得税控除の対象となります。また、通常はインプラント体が顎の骨と一体化するまで待つ期間が必要なため、治療開始から終了まで半年以上の期間がかかります。治療終了後も歯科医師による定期メンテナンスが必要です。

 インプラントは1本に対して1本の義歯を入れるものや複数のインプラント体で複数の義歯を支えるものがあります。例えば、マロクリニックさんは上顎全部を4本で支えるインプラント手術を行なっています。

大阪の本町通りデンタルクリニックさんは1本に対して1本が基本。こちらは一生保証がついています。堺筋本町駅からすぐです。インプラントはメンテナンスも含めて何度も足を運ぶことになるので、アクセスの良さは大事です。

 私はクリア歯科さんでインプラントを1本入れている途中です。

https://www.clear-dental.jp/lp/implant/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=A01_implant_shimei&gclid=Cj0KCQjwp5_qBRDBARIsANxdcimvi2s_zWOMKha7vCQVWHqeqJ_n7HsCu_GC-oUK4nXLqQhKOxT2eooaArP_EALw_wcB

 クリア歯科さんはわかりやすい3プライス。この値段で基本的にインプラント手術から義歯が入るまでの費用が含まれています。詳細については個々の歯の状態によるので、問い合わせください。以下の経過や感想はクリア歯科さんで私が手術した個人的な感想になります。

インプラント体験報告

 初日はCTによるレントゲン撮影とカウンセリング。ここまでの費用はなんと無料。顎の骨の厚みなど、インプラント体の埋込に耐えられるか確認します。厚みが足りない場合は別途骨の形成治療が追加されます。また、歯ぎしりや歯のケア、食生活や喫煙、飲酒習慣の確認。インプラント体埋込直後の傷に雑菌などが付着すると、歯茎内部で深刻な炎症が起きたりするので、正確にカウンセリングに回答するようにしましょう。手術前の歯石クリーニングや最終判断の日程を確認します。麻酔について全身麻酔を選択することもできます。あくまでインプラントは手術なのでリスクを伴います。リスクについても重要事項説明が行われ、承諾したらサインを行います。

 手術前の歯石クリーニングとインプラント手術の判断をすると、手術日を決めていきます。手術日は雑菌の侵入と繁殖を防ぐため、抗生物質の投与が必要です。また、術後は痛みや腫れなどがありますので、時間や仕事などは調整しておきましょう。

 手術日は口内の消毒、血圧の測定、血圧・脈拍モニターの取付を行い、部分麻酔を歯茎に注射します。麻酔が効いていることを確認し、歯茎を切開。CT撮影を行い、インプラント体埋込位置の最終決定。ドリルで下穴を顎の骨に開けてからインプラント体を埋め込んで行きます。

 ここまでは麻酔が効いているので、頭蓋骨への振動や軽い違和感はありますが、痛みはありません。ドリルでグイグイ穴を開けたり、インプラント体をねじ込んでいく感じはなんとなくわかる程度。

 術後は再度CT撮影により、インプラント挿入状態を確認。はい、これリアルなヤツです。見事に入ってます。私は折れた乳歯以外に過去に虫歯になったことがありませんが、親知らずはどれも横か斜めになってて、生えてきてません。

 術後、数時間で麻酔が切れると丸1日程度はかなり強い痛みがあります。食べ物を噛むことはできないくらい痛いです。痛みは違和感というか歯茎の切開と顎の骨へのダメージで抜歯の痛みに近いものです。インプラント手術が下手とか上手とかは関係ないものと思われます。周辺の神経に触ってるから痛いって感じです。痛み止めとしてロキソニンを処方してもらってるので、あまりに我慢できない時は服用すれば大丈夫でしょう。傷口からの雑菌の侵入を防ぐため、消毒薬と抗生剤を処方されます。

 1週間〜3週間程度でインプラント体周辺に炎症などが発生していないことや歯茎がキッチリ閉じていることを確認し、抜糸。

 次のステップは3ヶ月後にインプラント体が顎の骨と一体化していることを前提として歯茎を切開、アバットメント(インプラント体と義歯を接続する部分)をインプラント体に接続し、仮歯を接着、ネジ止め予定です。私の場合は犬歯で義歯にネジ込み部分を作れないと見られるため接着による固定となる模様。12月に実施予定なので、完了次第報告します。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ABOUT ME
うみそら@FP宅建士
新しいモノがあると まずは登録して試してしまう ファイナンシャルプランナーで宅建士