ファイナンシャルプランニング

ファイナンシャルプランナー資格でできる副業

ファイナンシャルプランナー資格でできる副業は?

 ファイナンシャルプランナー(FP)の資格だけでは副業も独立開業も難しいです。

ファイナンシャルプランナーで稼げない理由

 日本ではファイナンシャルプランニング技能士資格は国家資格でしかも「士業」かつ「名称独占資格」というのはこのサイトの訪問者の方はご存知かと思いますが、一般の方は「ファイナンシャルプランナー」が国家資格だと思っていません。保険外交員の方などが、社内資格で「ファイナンシャルプランナー」を名乗ることが出来てしまうので、「ファイナンシャルプランニング技能士」との差異がわからないのです。

 FPの主な役割はお金に関するコンサルティング業務ですが、一般的な説明に限られてしまい、税理士や会計士の独占業務部分については知識の提供はできるものの、具体的な金額を算出したりする業務そのものは出来ません。つまり純粋なコンサルティング業務しか出来ません。日本では一般的にコンサルティング料を支払ってまで家計を見直すようなことは非常に少なく、FPだけで副業や開業することは非常に難しいでしょう。

それでもファイナンシャルプランナーを取得する理由

 ファイナンシャルプランナーは他の士業との親和性が高く、幅広い知識を要求されるため、サブ資格として非常に優秀です。宅地建物取引士、税理士、社会保険労務士、弁護士などたくさんの方が実際にFP資格を持っています。FP資格があることでお金にルーズでないことを補完するので、信頼性が向上します。FP協会のイベントで様々な方にお会いしますが、本当にバラエティに富んでいます。バラエティに富んだ方々との人脈ができるのもFP取得の魅力の一つです。

 人脈を広げたい方は、2級ファイナンシャルプランニング技能士を取得してからFP協会のAFP資格の技能講習を受けてAFPとなることをオススメします。年会費12,000円が必要ですが、単位取得の強制イベントやその他イベントでいろんな業種の方と知り合うことができます。AFPの技能講習については別記事で書いてます。本ブログでアクセス数ナンバー1です。

【回答記載例】AFP認定研修の提案書を公開します日本投資環境研究所(旧みずほ証券リサーチ&コンサルティング)のAFP認定講習に提出した提案書を記載方法や注意事項の解説を付けながらそのまま公開します。...

FP資格でできる副業は結局あるの?

 FP資格のみでもブログやnoteなどでお金に関する話題を提供し、アドセンスやアフィリエイトで稼ぐことはできます。このブログもそういった意味ではFP資格でできる副業です。

 保険代理店の申し込みを行い、審査に通れば生命保険や損害保険の個人代理店となることができますが、ノルマがきついのでオススメできません。ノルマがないと言われている外資系保険会社でも月に5〜7件程度の保険加入が必要です。ただ、その条件でも達成できる可能性がある方は保険代理店が副業として成立するでしょう。

 人脈がある方は、コンサルティングから税理士さんや社労士さんに紹介して、紹介料をいただくことも出来る可能性があります。

 細かいところでは、お得なクレジットカードの紹介でポイントをもらったり、アフィリエイトしたり。楽天カードのアフィリエイトなどは誰でも簡単に出来ます。

 ファイナンシャルプランニング技能士資格のみで稼ぐことは難しいのですが、自分の知識向上や他の資格との連携や取得の難易度を考えれば3級から試しに受験してみることをオススメします。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
うみそら@FP宅建士
新しいモノがあると まずは登録して試してしまう ファイナンシャルプランナーで宅建士