クレジットカード

【3分で0.5%得する】Kyashリアルカードを使えばいつでも1%還元。ポイント2重取りも可能なカード

プリペイド式の簡易クレジットカード

 KyashとVANDLE CARDはVISAが最近展開しているプリペイド式のカードです。VISAの加盟店で利用できるので、クレジットカードが使えるところで使える事前チャージ式のカードです。

すぐに発行できるVISAカード

 バーチャルカードはスマホアプリで電話番号を登録するだけですぐにカード番号が発行されます。3分ほどでネットショッピング可能。
 バーチャルカードはオンライン決済専用
リアルカードは通常のクレジットカードと同様に街中でのショッピングでも利用可能です。VISAカードですが、プリペイド方式となっており、チャージはクレジットカードもしくは各種ポイントサービスからのチャージして利用します。
 VISA、マスターカードのクレジットカードを紐づけてオートチャージも可能です。オートチャージにすると事前のチャージが不要となり、使った分がそのまま紐付けしたクレジットに請求されるので使用感はほとんど通常のVISAカードと同じ。

普通に決済するだけで1%還元されるのがメリット

 一番大きなメリットはKyashリアルカードの1%の還元。一部対象外もありますが、決済金額の1%が翌月までにKyashポイントとして還元されます。VANDLE CARDは今のところ同様のキャンペーンをやっていませんが、いずれキャンペーンを行うでしょう。
 この1%還元、紐づけたクレジットカードのポイントやマイルに影響しない場合は2重取りが可能Kyashのチャージでポイントやマイルの対象となるかは各カード会社へお問い合わせをお願いします。いくつかの会社には問い合わせていますが、ここに書くとポイント対象外となる恐れがあるため公表できません。

PayPayには登録可能だが


 KyashはVISAデビットカード扱いなのでPayPayに紐づけ可能ですが、PayPayボーナスの高率還元の対象とならないので、PayPay紐付けはあまりメリットはありません
 また、d払いには対応していません。Kyashはプリペイドカードであり、3Dセキュアでの本人確認ができませんので、d払いなどの3Dセキュア必須が条件のスマホ決済サービスには登録できません。

 楽天カードに紐付けした場合には楽天ポイントの還元+Kyashのポイント還元が1%受けられます。どちらも年会費無料なのに還元が受けられるなんて、やらないと損ですね。
 もちろんキャッシュレスポイント還元も受けられますので、街中の対象店舗の利用で楽天ポイント1%+Kyash1%+キャッシュレス還元5%で最大7%還元を受けられます。
 年間200万円の決済を行えばKyashだけで2万円の差が出ます。これは大きいですね。

 KyashやVANDLE CARDのリアルカードの管理はアプリでも行え、利用したらすぐにアプリに通知されます。紛失時にもアプリからすぐに利用停止できますし、プリペイドカードで上限がありますので安心です。

デメリットは限度額とポイント還元の対象

 デメリットの一つは限度額。還元率を考えると高額な商品を購入したいものですが、バーチャルカードは24時間もしくは1回で3万円、1ヶ月12万円。リアルカードは24時間もしくは1回あたり5万円、1ヶ月12万円です。
 クレジットカードのKyashへのチャージも含めてそれぞれの還元がいつ対象外になるかわかりません。
 クレジットカード会社に問い合わせた際にも「今の所はKyashでも付与対象ですが、付与対象から外れることは十分にありえます。その際にはアナウンスは行いますが」とのことでした。
 最近はこういったキャンペーンやキャッシュレス対応サービスは先行者利益がすごいので、早めに利用開始した方が良いでしょう。

リアルカードの発行にかかる期間は

 私の場合はリアルカードの申し込みは7月5日、カード受取が7月20日。約2週間ほどです。他のブログなど確認すると3週間程度かかっていた方もいるので、早急に申し込んでキャッシュレスポイント還元でお得に買い物しましょう。

ABOUT ME
うみそら@FP宅建士
新しいモノがあると まずは登録して試してしまう ファイナンシャルプランナーで宅建士