クレジットカード

【治安は?】ニューヨークの地下鉄に乗る方法。切符はクレジットカードで買えます。

ニューヨークの地下鉄は怖くない

 ニューヨークの地下鉄は慣れると簡単ですが、ICカードや自動改札になれている日本人には改札を通過するのが激ムズです。しかし、切符はクレジットカードで買えるし、意外と治安も悪くありません
 ニューヨークは地下鉄網が発達していて、使いこなすことができればとても便利です。昔のアメリカ映画を見たことがある人なら、落書きいっぱいの治安の悪いイメージが残っていると思いますが、近年は治安が大幅に改善されてよっぽど人気のない車両や駅に行かない限りは安全と言われています。
 また、この地下鉄の車両や駅のデザインには日本人デザイナーの宇田川信学さんが大きく貢献していて、明るく、使いやすいものになっていて地下鉄の治安の改善に大きく寄与したと言われています。

路線は北向きと南向きので覚える

 地下鉄の多くの路線はマンハッタンを南北に走っていて、「UPTOWN」(北向き)、「DOWNTOWN」「BROOKLYN」(南向き)の表示がある方のホームから乗車すれば、概ね間違いありません。ただし、日本のように島式ホームで両方向の電車に乗れることは少なく、さらに両方向のホームが行き来できない駅も多く、入り口を間違った場合は一度出口から出なければなりません。入り口を間違った時には、若干の問題(後ほど解説します)が発生するので気をつけてください。

メトロカードは磁気カード

 切符はメトロカードと呼ばれる磁気カードで、一度きりの利用が可能な「SingleRide」とチャージして使うことのできる「MetroCard」、観光などに利用可能な「Unlimited Ride」の3種があり、Unlimitedは7日間もしくは30日間有効です。Unlimited Rideは有効期間中地下鉄もメトロバスも乗り放題です。ニューヨークシティはストリートごとに地下鉄駅がありますが、地下鉄が南北、バスが東西に走っていて、「ストリート」と「アベニュー」の位置関係が理解できると、Googleマップと合わせてメトロカードでの移動は無敵になります。Googleのルート案内だと地下鉄の遅れや運休についても表示します。ニューヨークの地下鉄は運休や遅れ、停車駅の変更が多いのでこまめにチェックしましょう。乗っている電車が急に急行(express)になったり普通(local)になったりは当たり前です。

【海外SIM】ハワイ・アメリカ本土にいくなら現地SIMを使おう 現地SIMを使えばデータ通信も使い放題  海外パケホーダイでも日本の契約で利用しているデータ容量からギガが減ります。これを気にせ...
急な運行予定変更は当たり前

 私が利用した時も、駅についたら「夜間と週末は運休するからあっちのストリートから代替えバスに乗ってください」ってMTA職員が立ってました。観光客は混乱して右往左往です。

こちらはUnlimited

こちらはSingleRide($3)

クレジットカードで切符を購入する

 切符の購入は地下鉄改札付近の自動販売機で可能で、さすがのカード社会アメリカ、クレジットカードによる決済も可能です。
 ただ、自動販売機の通信状態の問題があったり、読み取り機の調子が悪いなどで、カード利用ができないこともしょっちゅうです。また、クレジットカードによる購入には利用制限が設定されているようで、短時間に同じカードで2回までの購入しかできません。まとめ購入ボタンがない(見つけられなかっただけかも)ので、家族4人分のメトロカードを4回に分けて購入するつもりでしたが、一枚のクレジットカードで4回購入できませんでした。
 この制限に気づくまで自動販売機を占領してしまい、ローカルの人たちに「ちっ、観光客め!」みたいな顔で呆れ顔されました。ほんと、すいません。
 複数ブランドのカードがあると旅行に便利なので、いつも複数持ち歩いていたのが功を奏して、結局カード1枚毎に2枚。最初はSingleRideを使ったので、いくつものカードで決済することになりました。まぁ、カードによってドル決済の為替条件も違うので良い勉強になりました。アメックスカードは海外傷害保険も自動付帯しているので、旅行前に申し込みして準備しておくのも良いかもです。

【請求は簡単】SPGアメックスの航空便遅延補償を利用した話 海外からの帰りに飛行機が遅れた!  ニューヨークからの帰りの便で飛行機が機材手配の都合で5時間遅れました。11時出発が16時に変...

 SingleRideはどこまで乗っても$3なので、遠くまで移動するとお得な気分になります。Unlimitedは7日間が$32、30日間が$121なので、7日間で10回乗車(5往復)すれば元が取れる計算です。子供料金はありませんので、大人と同じ料金が必要です。
 ただ、子供は入り口のバーより身長が低ければ無料です。年齢などではなくて「身長」です。しかも多少大きくても、バーの下をくぐって行ってしまう子供もいたりで、近くに係員がいてもあまり厳しく言われません。改札機のカードリーダーは動作精度が悪く、すぐエラーになるので2度ほどエラーが出たら大人でもバーをくぐって行ってしまいます。しかも改札はホームに入るときだけなので、日本のように出口で「入った時にエラーが」なんて説明も不要なのです。このカードリーダーの精度が悪く不評すぎたのか、やっとニューヨークもICカード化する報道も最近ありました。

メトロカードの購入方法

 MetroCardの購入ですが、このちょっとカラフルな券売機で購入します。これは新しめのやつです。タッチパネルの精度が悪いので、2本指でタッチすると安定した操作ができます。欧米人は大きいので、センサーが大きめなのかも。

同じタイプですが、上部に「SingleRideは買えません」って書いてあります。

こちらはクレジットカード専用機

 まずはタッチパネル右上の「Start」で購入開始。券売機によってはここで言語の選択があります。いくつかの駅で使ってみましたが、「日本語」は見かけませんでした。素直にEnglishが困らないかも。

 言語を選択すると、次は切符の種類。「Fast $9」は$10(カード代が$1)支払うと$0.45のボーナスがついて$9.45がチャージされたMetroCardが購入できます
 Umlimitedは真ん中の「MetroCard」です。

 次は新しいカードを買うのか、再利用するかの選択。新しいカードは$1のカード代が必要です。

 「Get New Card」を選択をしたら、この画面になるので、乗り放題であれば「Unlimited Ride」を選択します。

 7日間ならば、$32、30日ならば$121です。これにカード代$1が追加されます。また、30日間は1ヶ月ではなく、30日間です。お間違いなきようご注意を。

 種別を選択すると、支払い方法の選択となります。(良い写真がなかったです。すいません。)
「Cash」(現金)、「ATMCard」(キャッシュカード)、「CreditCard」(クレジットカード)の3択です。
 現金を選択した場合には緑色の部分に投入。紙幣は表裏が違うと読み取りません。クレジットカードを選択すると、「Please dip your credit card」のメッセージが表示されます。「dip」??ってどこに漬けるんだよ?と思うのですが、青色の読み取り機に挿して抜きます。なるほど、dipって感じの動作です。この読み取りも精度悪いので、何度か試す必要があったり、何度かやっているうちにエラーが出たりとスムーズに購入できない場合があります。まぁ、なんというかアメリカって、どの機械もそんな感じなので「またかよ」とだんだん慣れてきます。
 無事に現金やクレジットカードで決済されると黄色の部分からカードが出てきます。MetroとSingleRideでは出てくるところが違いますのでご注意を。また、赤いところにお釣りとレシートが出てきます。メトロカードはエラーが多いので、レシートは購入証明のために必ず保管しておきましょう

大問題の改札の入り方

 改札の入り方などは他の方もたくさん書かれているし、他の人がやっているようにすれば良いのですが、読み取り機はかなり癖があります。
 とても重要なのですが、Unlimitedは一度改札を通ると複数人での1枚のカード使いまわし防止のために18分間は改札を通ることができなくなります。
 乗るホームを間違えて改札を出てしまうと、反対方向の電車に18分間乗れません。有人の窓口がある駅だと窓口の職員に事情を説明すれば、「しょうがねぇな〜。18分は通れないって言ってるだろ」みたいなことを言われつつ、遠隔で改札を開けて通してくれます。無人の場合は完全に18分間待ちぼうけです。
 いつ、最後に改札を通ったかは自動販売機の近くに設置されているMetroCardのチェッカーを通すと表示されるので、短時間に乗り換えなど行う場合は確認した方が良いでしょう。このチェッカーは改札を通る練習にもなります。
 マンハッタンとその周辺の移動に欠かせないニューヨークの地下鉄。路線ごとに急行だったり、普通電車だったり突然停まる駅が変更になったり、時間通りに運行してなかったりしますが、慣れるととても便利な移動手段でした。利用客の多い時間帯の移動であれば危険も少ない(人が少ない車両には「何かある」ので注意)のでぜひ利用しましょう。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
うみそら@FP宅建士
新しいモノがあると まずは登録して試してしまう ファイナンシャルプランナーで宅建士