LINE Pay

Pay戦国時代に生き残るのは〇〇Payだ【キャッシュレス決済比較】

結局どれを使えばいいの?〇〇Pay

 あなたは何Payがメインですか?PayPay?LINE Pay?楽天ペイ?Origami Pay?auPay?d払い?
 いきなり結論、やはりLINE PayとPayPayが頭一つも二つも抜けています。使える店舗数が多い=現金とほぼ同等の可用性があるということなので、ファミペイのように使える場所が限られている+後発組はさすがに分が悪い。
 *セブンPayは早々に別の理由で脱落しちゃいましたね。

 LINE Payは一部公共料金や収納代行の請求書にまで対応し、自治体によっては水道代まで支払いできます
 しかしながら、2019年7月1日からファミPayとセブンPayが始まり、いきなりセブンPayが脱落、LINE PayとPayPayはキャンペーン費用などが嵩み、四半期決算は大幅な赤字でした。

【3分で0.5%得する】Kyashリアルカードを使えばいつでも1%還元。ポイント2重取りも可能なカード プリペイド式の簡易クレジットカード  KyashとVANDLE CARDはVISAが最近展開しているプリペイド式のカードです。V...

どこで何を使えばお得かわからない状況だが

 現在は店頭で何を使えば一番お得か判断つかない戦乱モードに突入しています。しかし、利便性とキャッシュバック、クーポンなどの配布状況をみてみるとLINE Pay、PayPayがやっぱり良さそうです。PayPayはかなり使える場所が多くなってきました。LINE Payはクーポンの配布回数が多く、ドラッグストアやコンビニなどで活躍する機会が多くなりました。

PayPay(iOS)はこちらからどうぞ

PayPay(Android)はこちらからどうぞ

実はキャッシュレスの方がユーザーは手間

 考えてみると、キャッシュレスの方が手数が増えてる。まるで「かざすだけ」とか「楽々決済」で、簡単に思えるのですが、実は簡単になったのはユーザーではなくお店側の方。
 お金を預かって、レジに分別しながら収納して間違いがないようにお釣りとレシートを渡す。その間に顧客情報も確認しつつ、対象となるポイントカードの提示を求めなければならない。
 その手間が、バーコード読み取り一つの動作で済むのです。顧客データはアプリに格納されているので、年齢も性別も購入履歴も思いのまま。お釣りの間違いもありません。

 逆にユーザーはこれまでにポイントカードと現金を財布から取り出すだけで済んでいたのに、決済前にアプリを起動して残高確認、残高不足ならチャージするために認証。さらに対象となるポイントカードアプリを起動してバーコードを表示。決済用に一度ホーム画面に戻って、再度なになにPayを起動し認証してからバーコードを表示。100円のコーヒーを買うのに何度もスワイプ、タップ、指紋認証です。

d払いは改悪によって脱落

 d払いの20%ポイント還元などのキャンペーンはd払いに登録したクレジットカードがdカードのみに限定されるという改悪が行われました。他のクレジットカードのキャンペーンと合わせた二重取りができません。
 しかも、この変更は小さな周知しか行われておらず、未だに他のクレジットカードのままキャンペーンが適用されると勘違いして使っているユーザーがいます。これは、docomoの悪意のある罠としか言いようがありません。

3番手は楽天ペイ

 しっかりした決済基盤と経営基盤があるところが最終的には有利になるだろうし、3番手で上位2つを猛追しているのは楽天ペイ。楽天カードや楽天経済圏との親和性をもっと上げつつ、リアル店舗で利用できる機会が鍵を握りそうです。楽天カードアプリ、楽天ポイントアプリとの統合が待ち望まれます。

まとめアプリ待ちか

 賢い人が決済まとめアプリを作って、今一番お得な決済アプリをAIで判断して代行して決済します。っていうのを作るんじゃないかと思ってます。このブログを読んで「あっ!」って思ったアプリクリエイターさん、作っていいのでアイディア料ください。
 新しい決済アプリはインストールして初期のやたらに高効率なキャッシュバックとボーナスだけもらったら、LINE PayかPayPayに戻ってくるのが良いのではないかと思われます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
うみそら@FP宅建士
新しいモノがあると まずは登録して試してしまう ファイナンシャルプランナーで宅建士