ファイナンシャルプランニング

【プライムよりお得】Amazonビジネスのアカウントを個人で登録する方法

個人でもAmazonビジネスアカウントを作れる

 開業届を提出すると税務署の受付印が押してある届出(控)が手元に残ります。この届出(控)が重要なのでPDFをとっておきましょう。この届出(控)を提出することで個人事業主でも「みなし法人」として法人同様のサービスをいろいろなところで受けることができます。個人口座とは別に屋号名義の事業性口座を開設することも可能ですし、Amazonビジネスアカウントや月会費無料のタイムズカーシェア法人入会の申し込みも可能です。ただし、タイムズについては事業内容によって入会できるか審査があります。

【審査期間】個人事業主がタイムズカーに申し込んだ結果 個人事業主としてタイムズカーに申し込んでみた  個人事業主としてタイムズカーの法人会員となれるか申し込んでみました。結論からいう...

 個人のAmazonアカウントをお持ちの方はAmazonビジネスのアカウントを作成することをオススメします。ただし、アカウントの移行ではなくビジネスアカウントは別のメールアドレスを準備しましょう。ビジネスプライムも送料無料やお急ぎ便のサービスは同じですが、ビジネスではAmazonプライムビデオやプライムミュージックのサービスがありません。アカウントを移行してしまった場合はビジネスアカウントのみ解除できますので、解除しましょう。

なぜビジネスアカウントを作るのか?

 Amazonビジネスアカウントの方が安い商品があるのです。一例をあげると、コピー用紙など、オフィス向けの商品は同じものでもビジネスが一箱400円近く安いのです。

こちら通常のAmazon 2003円

こちらはビジネスアカウント 1663円

 ビジネスアカウントは税抜価格なので注意が必要ですが、きちんと税込価格も通常アカウント価格も参考で記載されています。無料で提出できる開業届で元々安いAmazonまでさらに安くなるのです。これはやらない手はないです。

アカウント申請から登録完了までの審査日数

 Amazonビジネスアカウントの登録では開業届(控)のPDFが必要です。審査もありますので、申し込みは正確に入力しましょう。
 私の場合はアカウント申請の翌日には登録が完了して、すぐに使えるようになりました。
 開業届を提出したら、Amazonビジネスアカウントを忘れずに登録しましょう。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
うみそら@FP宅建士
新しいモノがあると まずは登録して試してしまう ファイナンシャルプランナーで宅建士